暖家の活動内容

暖家での一日

暖家で過ごす時間

暖家では、住み慣れた自宅で継続した生活を送るために必要な活動を行っています。
要支援・要介護状態になっても自宅で生活するために必要なこととは?

・必要な栄養を摂れる食生活
・転倒しないために必要な運動習慣
・楽しみや物忘れを予防するための他者と交流する機会

大きく分けて、以上の3点が特に重要だと私たちは考えています。

送迎送迎
血圧・体温など測定血圧・体温など測定

機能訓練機能訓練
食事昼食

 

暖家の最新活動内容は、こちらでもどうぞ!
暖家では、『あなたの笑顔が宝物』という理念もと日々活動しています。
暖家に来た時には、少しでも笑って・動いて帰ってもらえると嬉しいです。
職員一同お会いできる日を楽しみにお待ちしています。

 

運動計画書のデータ等一例です。利用者様個別に作成し、6カ月ごとに評価いたします。
測定項目は、握力や歩行速度など体力・体重測定のほかに、認知症の検査や意欲の検査も実施します。

 

計画書に目標を定め、利用時にはそれぞれ運動を実施することになります。